手づくり 日々の暮らし

大好きな多肉植物を中心に、趣味のいろんな手づくり品を写真とともに記録していきたいと思っています。日々の暮らしの中で考えたことなどを綴ります。

バーミキュラで煮込み料理

 こんばんわ
 
 今夜の晩ご飯は、もう終わりましたか?  
 
 お料理好きの誰もが知っているおなべといえば
 ル・クルーゼが有名ですよね。


  私のル・クルーゼ 

IMG_0533


 でもここ数年、注目されているのが
 日本製のバーミキュラというおなべです。


 私のバーミキュラ 

IMG_0521


 私が手に入れたときは、夫がクリスマスプレゼントに注文してくれたのですが、
 半年待ちでした。

 ふたとおなべ本体の密着度がすごい!

 適当に野菜を切って、ごく弱火で加熱すると
 数10分でシチューが完成です。水なしでOKです。

 もちろん肉を炒めて、ひたひたの水を加え、
 あく取りしてから野菜を入れて煮込むと、さらにおいしいシチューやカレーになります。


煮込んだところ


IMG_0524



今晩はポークシチューにしました

IMG_0534



 それなりの値段はしますが、それ以上の価値ありです。

 



多肉植物の冬越し

 おはようございます。

 昨年は暖冬と聞いていたのに、ここに来て寒さが厳しくなってきました。
 我が家の多肉植物、心配になってきました。
 これまでは、庭に置きっぱなし、それで姿を消した子たちはしかたないなあ、とあきらめて。
 雪に埋もれても、大丈夫だった子達だけ、育ててきました。


もう何年か忘れるほど、ずうっと戸外で頑張ってきた多肉植物


IMG_0496


IMG_0498


IMG_0499


ベランダで頑張っている植物たち

IMG_0503


IMG_0495


IMG_0491


IMG_0488



 ベランダに取り込んではいるものの、友人にもらったものもあり、室内に取り込むことに。
 狭い我が家で、どうしたら良いものか何日か悩みました。  
 そこで思いついてのが、ワイヤーシェルフ。

 倉庫に使っていないものがあったので、100円ショップのかごを利用して、多肉植物ラックを完成。

 窓を開ければ、戸外と同じ日差しが降り注ぎます。
 今年は、これでもう大丈夫!



ワイヤーシェルフの多肉植物

IMG_0476


ラックの中の多肉植物たち

IMG_0514


IMG_0509


IMG_0507


IMG_0474


IMG_0515


 全部の植物たちを取り込むことはできないので、ベランダで冬越しすることになる子たちも多いのです。
 何とか頑張って、寒い冬を乗り切ってほしいです。



金柑の甘露煮 のどのために 

 やっぱり冬ですねぇ、寒さも厳しくなってきました。インフルエンザの流行はまだのようですが、気温が下がってくると心配です。私の夫はのどが弱いので、この季節、金柑の甘露煮は欠かせません。ハウス物の高級品の出荷が始まったそうですが、そんな良いものでなくて大丈夫。直販市場の路地物で十分です。とても簡単にできるので、作ってみませんか?

①よく洗ってざるにあげる。

②半切して、竹串で種を出す。(切り込みを入れ種をほじりだせば、丸くてきれいなのができます。でも面倒くさいよ。) 

③ひたひたの水で金柑をゆでる。沸騰したら、すぐざるにあげる。(金柑が丸のままなら1分くらいゆでて、冷水にとるとエグミが取れます。)

④再びなべに金柑とひたひたの水をいれ、20分くらいあくをとりながら煮る。

⑤金柑の重量の3分の1くらいの砂糖を入れて味を見る。

⑥その後蜂蜜、砂糖、レモン汁を加え、、好みの味にする。(もともとの金柑の味によって、砂糖やレモン汁を調節してね。)

 甘みをひかえればお酒のおつまみにもなるし、煮汁とともにヨーグルトにかけても。砂糖を足して煮詰めれば、 マーマーレードのようにパンにつけてもおいしいですよ。煮あがったばかりは少しエグミが残りますが、数日ねかせれば消えていきます。
 
 蜂蜜だけで甘みをつけるとこってり味、砂糖だけだとあっさり味で経済的、いろいろ試してみてください。

金柑入りヨーグルト

IMG_0472

瓶詰め金柑

IMG_0469

フラワーアレンジメント

今日は、フラワーアレンジメントに挑戦です。鳥かごの中のお花、癒されます。気温が低いと長持ちするのでうれしいです。給水スポンジを使ったアレンジメントは、生け花とは違った表現ができます。



IMG_0467



IMG_0468



専業主婦2年生

お仕事をやめて、憧れの専業主婦となり2年が過ぎました。
 「憧れ」と書きましたが、実際は思っていたのとは違って、
なかなか大変な毎日です。
 そんな毎日の中で見つけた、小さいけれど大切なものを、忘れてしまわないように、書き留めていきたいと思います。

 門松やしめ縄を外し、(地方によって7日だったり15日だったり、いろいろ違いがあります。)そろそろお正月気分も終わりです。今年はしめ飾りを手づくりしたので、外したくない。(笑)15日説を採用して、ぎりぎりまで飾っておこうと思います。

shimenawa01

メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ピンク・ホワイトシャンペーンとオパリナ
  • ピンク・ホワイトシャンペーンとオパリナ
  • ピンク・ホワイトシャンペーンとオパリナ
  • ピンク・ホワイトシャンペーンとオパリナ
  • ピンク・ホワイトシャンペーンとオパリナ
  • ピンク・ホワイトシャンペーンとオパリナ
  • ピンク・ホワイトシャンペーンとオパリナ
  • ピンク・ホワイトシャンペーンとオパリナ
  • おお、セクンダよ!あなたは9月も美しい!!水やり後の多肉達
記事検索
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ