手づくり 日々の暮らし

高所より転落、第1腰椎を圧迫骨折しました。 不眠症や緑内障も患っており、療養の日々を綴ります。 数年前から多肉植物を育てていましたが、降り続く雪と低温で戸外のものはほとんどダメになってしまいました。 復活できるかどうか、再生の日々を記録していきたいと思います。

おはようございます

久しぶりの雨だと思ってたら、
雨ばっか・・・それも土砂降りです。

わんこの散歩のたびに着替えて、洗濯物も増える・・・・・
気温は低めなので、それは助かるけどね~
極端すぎる天候ですね

 学名「Echeveria runyonii ‘Topsy Turvy’

ルンヨニートップシーツルビー

ルンヨニートップシータービー(英語読み)

トップスプレンダーという言い方もあるそうです。

葉の反り返りが逆になっちゃったエケベリア
ルンヨニーの変種で
綴化しやすいとのこと。
うちのトップシーツルビーさんです。
すごく大きくなりました。
左のほう一部が
綴化してる?


RSCN1648



綴化(テッカ)とは、
植物の茎頂の成長点で、頂端分裂組織に異常が生じる事で起こる奇形で、
成長点が帯状につながって成長することだそうです。
   帯化(タイカ)とも呼ばれたり、綴化と書きセッカとも読む場合もあります。
どうしていろんな読みをするの


「綴化」と書いて「セッカ」と読むのは何故?

これは昔、誰かがそう読んで、
後の人が間違いに気づいていながら訂正しないまま、
現在に至っているからなんだそうです
  昭和初期からサボテン界では「セッカ」と読む間違いが
定着してしまったそうです。
 1930年代、「綴化」と書 いて「ツヅレカ」と読む事が提唱されましたが、
大勢は変らず、長続きしませんでし た。

「石化」のほうを「イシカ」または「獅子化(シシカ)」と 読んで
区別する場合もあるそうです


綴化(帯化)は本来点である成長点が線になったもの

石化は植物体のいたるところに成長点が生じてコブや子となるもの


でいいのかな?


いろんな本の中で

綴化を『てっか』と読んだり『せっか』と読んでたりする理由が
わかりました。納得

それにしても多肉さんたちの名前は、いろいろありすぎ。
てっきり別人と思ってたら、同じだったりしますね

季節によって、別人になっちゃうんだから、
せめてお名前は統一して欲しいです








こんにちは

誰にお会いしても、
『暑いですねえ』という言葉しか出てきません(笑)

お花もすぐに暑さでだめになるので、
こうやってアレンジ作るのはどうなんだ?
と、思うこともあるのですが・・・

お水に中性洗剤を3滴たらし、毎日生けかえてます。
少しずつカットするので、ちょっと形が変になっちゃいました・・・。

上へと伸びあがる力強い流れを表現・・・苦手です

DSCN1667


スプレーカーネーション・トルコキキョウ・グラジオラス

姫ヒマワリ・スターチス・ソリダコ

リューカデンドロン・ジンジャー・アセビ・ハラン・ニューサイラン

などを挿しました。


変わった名前の植物でしょう?

リューカデンドロン

 
RSCN1679


ジンジャー

RSCN1671


これがアセビです!

FSCN1678


スプレーカーネーションは長持ちします。

FSCN1676


できるだけお手入れして、長持ちさせないと

申し訳ないような気分になります。


明日からお天気は下り坂だそうです。

どうか、台風がきませんように












おはようございます

やっと昨日から雨が上がりました。
でも、この蒸し暑さったらありません

多肉さんたちもさぞや・・・・・

チョい蒸れや、カビ発生のお子達も出てきました。

でも、もうベランダはいっぱい(畳4畳半ぐらいはあるんですけどね
2ヶ月前くらいから、大丈夫かな?どうかな?と思いながら、
いくつかの品種を、外に植えたり、鉢ごと外へ出して育ててみました。

センペルさんたちは元気ですね~
花壇に植える方もいるそうでうからね。

でも、高温多湿のほとんど亜熱帯地方である高知県では、
夏は蒸れて姿を消すそうです。
でも、秋になるとまた顔を出してくるそうな・・・・・

今のきれいな姿を残しておこうと撮影しました。


綾桜

RSCN1630



オハイオアン

RSCN1637


シャンハイローズ

RSCN1636


クリスマス

RSCN1635


ブロンコ

RSCN1634


マキギヌ

RSCN1642


ガゼル

RSCN1641


何とか夏を乗りきって欲しいので、
雨はびしょびしょですが、せめてと東側に鉢をおいてます。
午後は影になるので。


いつものシュウレイと朧月
これは絶対大丈夫。
それでも、真夏は日差しがガンガンよりは、木陰のほうがきれいです。

でも、秋に葉挿しすれば、バンバン増えるし。


大鉢でおっきくなったシュウレイ

RSCN1627

RSCN1625


庭に直植えしたオボロヅキ(雑草と一緒

DSCN1606

RSCN1628


シュウレイも一緒(笑)

RSCN1514

雨が直接降りかかる・・・

DSCN1613

雨なんかヘチャラさ(ホントかな?でも毎年おきっぱなし)

DSCN1615


DSCN1612


リトルミッシー

意外に元気でどんどん増えます。
でも、垂れ下がったのをちょんぱして挿してます。(保険

RSCN1629


コーラルカーペットも大丈夫(かな?)これも保険かけました

RSCN1639



アエオニウム・カシミアバイオレット
お外でもきれい!

RSCN1638


黒法師

RSCN1633


虹の玉

徒長しまくり(笑)秋に挿します。

RSCN1632


グリーンネックレス

1年中外ですぅ
これは4月に挿したもの

RSCN1631

RSCN1620


三時草

これもずっと外。強くていくらでも増える。
直射日光もへちゃらさ!

RSCN1626


小人の祭り

今のところ、まったく平気です。
今年からの子なので、これからどうなるかは未知数です。

RSCN1622


プラティフィラ

外で大丈夫とのこと・・・・
私自身は始めての夏越しです

RSCN1640


このほか、白牡丹や爪蓮華・ほとんどの万年草の仲間、
ブロンズ姫・メイゲツ・ホワイトストーンクラップ・プロリフェラ
子持蓮華・サンバースト・オウレイなども外に出してます。


ブロンズ姫・オウレイ・名月は、雨に当てすぎるとキレイでなくなります


これからは日差しが強くなるので、外植えでそのまま大丈夫なものと、
遮光が必要なものがあると思うので、よく観察して対処していきます

でも、ほんとにほったらかして何年もずっと大丈夫だった
シュウレイ、オボロヅキ、三時草はたくましいですね













こんにちは

ほんとに毎日雨ばかり・・・・・
少し嫌になります

今日は病院で検診の日です。
朝7時45分から検査。
もうしばらく生き延びられそうです(笑)


さて、今日のお花は、ひまわりです。

細長い花器に生けました。


ヒマワリ・トルコキキョウ・カーネーション・ソリダコ

ヒペリカム・ミスカンサス・レザーファン・タニワタリ

などを使いました。



FSCN1537

RSCN1536

DSCN1529


病院というところは行くだけで疲れる。

もうしばらく手術は免れそうなので、ほっとしています。

お花を見て今日は休もうっと・・・・・

ボーっと休むのが苦手な自分。

今夜もわんこのお守りが待っています。

夜は寝てくれないかな





こんにちは

やっと今日は晴れました!
今日だけみたいですが・・・・・

昨夜は涼しくて、早朝の(といっていいのか。。。1時30分)
わんこ散歩は寒いくらいでした



お天気の良くない数日間、またまたデスク作りに励んでました。

以前製作した夫のパソコンデスクですが、
天板の下に本を差し込む棚がついてるといいなあ、
と言われたので、頑張ってみました

脚は安いツーバイ材で、天板のみパイン材を使用しました。

幅の広い板は高いので、天板は2枚はぎ、
下の棚は3枚はぎです。
畳の上で使用するため、脚をつないでいます。

今回は、下の部分だけ釘を使用しない『木組み』に挑戦しました

片方はほぞ穴を開けて、
もう片方の飛び出た部分(ほぞ)を差し込むという方法です。

やっぱり難しいです。
1ミリの狂いも許されないので、なかなかです。
ノミはあまり切れないし、け引き(印をつける大工道具)がないので、
ちょっと・・・・・・

後の部分は、ねじ止めで丸棒(ダボ)を埋める方法をとりました。



RSCN1505

RSCN1503


夫は早速使いやすいといってくれているので、まあ良いとします。

ほぞ組みするのは、もうちょっと修行が必要です。(笑)


疲れて庭に出ると、
畑にねぎのように刻んでばらまいた
マンネングサがいっぱい出てきてました
 
RSCN1513


強いですね

やはりばら撒いてたシュウレイと朧月も可愛く出てきてます。
雑草と一緒にね


RSCN1514


この強さがほかの多肉にもあればいいのですが・・・・・(笑)




このページのトップヘ