手づくり 日々の暮らし

大好きな多肉植物を中心に、趣味のいろんな手づくり品を写真とともに記録していきたいと思っています。日々の暮らしの中で考えたことなどを綴ります。

おしゃれなワイン箱

こんにちは

今日は、私がはまっているワイン箱のご紹介をしましょう。

外国製のワインの空き箱、ご存知ですか?
ワインショップや雑貨屋さんでも見かけますし、
100円ショップでもこれをモチーフにした、小さな雑貨を見かけることがあります。

いいところは、一枚板で作られていること
ワインの種類によって、おしゃれな焼印が楽しめること
大きさや深さもいろいろバラエティー豊かなこと


でも最近では人気があるためか、町の酒屋さんは分けてくれません。
ネットではさまざまなところが販売しています。
注文して届いたら驚かないで。

このような形で届くところもあります。


プチプチで包まれている

IMG_0303


IMG_0301


こんなむき出しのところも!

IMG_0298


IMG_0297


スライドふたつきのこんなタイプも!

IMG_0561


IMG_0560


宅配のお兄さんがびっくりしてました。
「あの、ワイン入ってないみたいですよね?箱だけなんですか?」
って。
どうしても聞きたかったみたい
値段もいろいろ、ふたがついているところも、ないところも
ふたを止めている大きなホッチキスみたいな釘を、
抜いているところもそのままのところも。

それぞれ販売店によって違うので、説明をよく読んでから注文してね。


私は届いたら、全体を雑巾がけして電動やすりをかけ、
からぶき後、ニスや柿渋を塗ったり、用途に応じて塗装します。
収納や園芸用に使っています。


100円ショップの木材で連結、収納棚を作成
水性ニスで仕上げ
またまた100円ショップの額に好きな絵を入れて、扉を作っています。


IMG_0550


IMG_0551


柿渋仕上げで、ベランダの植物を飾っています。

IMG_0554


IMG_0484



段を連結し、手づくりの梅酒やびわ酒など保存食入れを作っています。

IMG_0562


IMG_0565


おしゃれな焼印を見せたいので、使用する方向で悩んだりします。
ネットで取り寄せて満足しているものが倉庫にいっぱい。
焼印つきのふたも何とか利用しなくっちゃ。
でも、こう寒いと今ひとつ、やる気が。。。。。。。

新作ができたらまたご報告しますので、見てくださいね。







私の冬の庭

こんにちは

今日の天気は、降水確率 0%。
でも朝からずっと寒い。お昼過ぎても寒い。
ストーブたいても寒い。

昨夜は、明日は庭仕事と張り切っていたのですが、
やる気が出ません。

デジカメ手に庭の植物たちをパチリ。

よかったら見てあげてください。



ガーデンシクラメンとピカピカ葉ボタン

IMG_0545


IMG_0539


IMG_0538



ジンチョウゲ もうすぐ咲きます つぼみがいっぱい


IMG_0549


IMG_0536



虫がついて丸坊主にしちゃった
モッコク 
芽吹いてきました

IMG_0548



路地植えで大きくなったホンコンカポック
観葉植物だけど、高知県では数メートルの大木になります。


IMG_0537



やっと見つけた開花している植物 ツルニチニチソウ


IMG_0540



万両 
 今年は赤い実がいっぱい

IMG_0541



南天  赤い実は赤南天、白南天は実が落ちてしまいました。

IMG_0543


IMG_0544


まだウメのつぼみも固く、ジュリアンもスイセンも咲きません。

もう少し暖かくなったら、花盛りの庭にしたいと思います。

多肉植物たちも、庭で日光浴できるようになるといいな。また見てくださいね。


バーミキュラで煮込み料理

 こんばんわ
 
 今夜の晩ご飯は、もう終わりましたか?  
 
 お料理好きの誰もが知っているおなべといえば
 ル・クルーゼが有名ですよね。


  私のル・クルーゼ 

IMG_0533


 でもここ数年、注目されているのが
 日本製のバーミキュラというおなべです。


 私のバーミキュラ 

IMG_0521


 私が手に入れたときは、夫がクリスマスプレゼントに注文してくれたのですが、
 半年待ちでした。

 ふたとおなべ本体の密着度がすごい!

 適当に野菜を切って、ごく弱火で加熱すると
 数10分でシチューが完成です。水なしでOKです。

 もちろん肉を炒めて、ひたひたの水を加え、
 あく取りしてから野菜を入れて煮込むと、さらにおいしいシチューやカレーになります。


煮込んだところ


IMG_0524



今晩はポークシチューにしました

IMG_0534



 それなりの値段はしますが、それ以上の価値ありです。

 



多肉植物の冬越し

 おはようございます。

 昨年は暖冬と聞いていたのに、ここに来て寒さが厳しくなってきました。
 我が家の多肉植物、心配になってきました。
 これまでは、庭に置きっぱなし、それで姿を消した子たちはしかたないなあ、とあきらめて。
 雪に埋もれても、大丈夫だった子達だけ、育ててきました。


もう何年か忘れるほど、ずうっと戸外で頑張ってきた多肉植物


IMG_0496


IMG_0498


IMG_0499


ベランダで頑張っている植物たち

IMG_0503


IMG_0495


IMG_0491


IMG_0488



 ベランダに取り込んではいるものの、友人にもらったものもあり、室内に取り込むことに。
 狭い我が家で、どうしたら良いものか何日か悩みました。  
 そこで思いついてのが、ワイヤーシェルフ。

 倉庫に使っていないものがあったので、100円ショップのかごを利用して、多肉植物ラックを完成。

 窓を開ければ、戸外と同じ日差しが降り注ぎます。
 今年は、これでもう大丈夫!



ワイヤーシェルフの多肉植物

IMG_0476


ラックの中の多肉植物たち

IMG_0514


IMG_0509


IMG_0507


IMG_0474


IMG_0515


 全部の植物たちを取り込むことはできないので、ベランダで冬越しすることになる子たちも多いのです。
 何とか頑張って、寒い冬を乗り切ってほしいです。



金柑の甘露煮 のどのために 

 やっぱり冬ですねぇ、寒さも厳しくなってきました。インフルエンザの流行はまだのようですが、気温が下がってくると心配です。私の夫はのどが弱いので、この季節、金柑の甘露煮は欠かせません。ハウス物の高級品の出荷が始まったそうですが、そんな良いものでなくて大丈夫。直販市場の路地物で十分です。とても簡単にできるので、作ってみませんか?

①よく洗ってざるにあげる。

②半切して、竹串で種を出す。(切り込みを入れ種をほじりだせば、丸くてきれいなのができます。でも面倒くさいよ。) 

③ひたひたの水で金柑をゆでる。沸騰したら、すぐざるにあげる。(金柑が丸のままなら1分くらいゆでて、冷水にとるとエグミが取れます。)

④再びなべに金柑とひたひたの水をいれ、20分くらいあくをとりながら煮る。

⑤金柑の重量の3分の1くらいの砂糖を入れて味を見る。

⑥その後蜂蜜、砂糖、レモン汁を加え、、好みの味にする。(もともとの金柑の味によって、砂糖やレモン汁を調節してね。)

 甘みをひかえればお酒のおつまみにもなるし、煮汁とともにヨーグルトにかけても。砂糖を足して煮詰めれば、 マーマーレードのようにパンにつけてもおいしいですよ。煮あがったばかりは少しエグミが残りますが、数日ねかせれば消えていきます。
 
 蜂蜜だけで甘みをつけるとこってり味、砂糖だけだとあっさり味で経済的、いろいろ試してみてください。

金柑入りヨーグルト

IMG_0472

瓶詰め金柑

IMG_0469

メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 7月のデカリメ缶寄せ植えはどうなった?
  • 7月のデカリメ缶寄せ植えはどうなった?
  • 7月のデカリメ缶寄せ植えはどうなった?
  • 7月のデカリメ缶寄せ植えはどうなった?
  • 7月のデカリメ缶寄せ植えはどうなった?
  • 7月のデカリメ缶寄せ植えはどうなった?
  • 7月のデカリメ缶寄せ植えはどうなった?
  • 7月のデカリメ缶寄せ植えはどうなった?
  • 7月のデカリメ缶寄せ植えはどうなった?
記事検索
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ