雑種の犬 吾郎です。

IMG_1176

15年前、田んぼの真ん中で
ないてました。
当時70歳の父が拾ってきました。
母は自分の年齢と持病を考えて、
ずっと飼えるわけがないと反対しました。

父はしぶしぶ元の場所へ。
でも心配になって見に行くと、土地の所有者に鎌で傷つけられていた。

思わず責任持つからと
再び懐に入れて帰って来ました。

もう絶対に離さないと言って。

獣医さんの話では生後1~2ヶ月、母犬の姿はありませんでした。
あれから15年、父もなくなり母も病気で世話ができません。

吾郎はご主人がいません。
でも私の姿が見えたら、喜んでなきます。
片方の目は真っ白、白内障です。
呼んでも耳は聞こえません。

それでも
徒歩でも自転車でも車でも
私が行くとわかります。
朝昼夕方と散歩が日課です。

バナナが大好きです。
『長生きしていいんだよ。大好きだよ。ゴロ』
そういって頭を抱くといつまでもじっとしてます。
とてもあったかい。

動物を最後まで飼うのは大変です。
犬も猫も最近は長生きです。
うちの以前の飼い犬は18年生きました。

保健所では子犬の譲渡会をしています。

犬を手に入れる方法は、ペットショップだけではありません。
ペットショップで売れ残って成犬になったら
どうなるかご存知ですか?

日本が動物にとってもいい国になってほしいです。


田んぼを見つめてる吾郎 何を思い出してるの?

IMG_1174


吾郎の最期が安らかなものになりますように・・・・・