手づくり 日々の暮らし

大好きな多肉植物を中心に、趣味のいろんな手づくり品を写真とともに記録していきたいと思っています。日々の暮らしの中で考えたことなどを綴ります。

2016年09月

多肉寄せ植えとわんこのこと

おはようございます。

いつ起きたのかわからない朝です。
老犬ゴロリンは、床ずれのような傷が広がってつらいです。

お医者さまの手当ても受けたのですが、
傷用パットが剥がれ落ち、なかなか難しいです。

インターネットやいろんな老犬介護の本を参考に、
生理用パットや母乳パット利用の物などを作って試してますが、
年齢には勝てないのでしょうか?

食欲増進を目的としてステロイドを服用してるので、
体中あざがいっぱい・・・・・・・
立ち上がろうとしては転ぶので。

見ているのが辛くて
夜中に、吾郎を抱きしめて1人で泣きます。
ひとしきり泣いたら、あらあら・・・オムツかえだね。

抗生剤にステロイドにサプリメントに目薬、
そして認知症が入ってきてるので、興奮状態を抑えるお薬。
だんだん薬漬になってきました。
それでも、何とか1日3回のごはんや大好きなおやつはペロリだったのに、
昨日から、食欲も落ちてきたような気がします。
大丈夫だった後ろ足も、まったく動かなくて、
リハビリしても効果ないようです。

今年の冬で17歳になるはずです。
興奮するとあちこちぶつかるし、
結構大きい犬なので、とめられません。
傷だけけのワンコ、こうやって命をつなぎとめるのが、
いいのか悪いのかわかりません。

吾郎はどう思ってるのか、わかりません。
目も見えず聞こえず、匂いもあまりわからないみたい。声も全然出せません。

それでも近くに行くと、舌も鳴らして甘えるし、
なでてると安心して落ち着くようです。

ごめんね、吾郎。夜鳴きしてたころ、よく叱ったね。
頭をぽこっとしたこともあったよね。
深夜の散歩の帰り道、オバサンだけど変質者が怖くて
ぐいぐい引っ張って帰ってしまった。

元気な時は、いろんなところへ探検に行ったね。
堤防の上からいろんなものを見たね。
帰り道がわからなくなって困ったこともあったね。






DSCN2171



DSCN2173


 名前をすぐ忘れちゃうんです。。。鉢の裏に小さな名札を差し込んでます。

DSCN2172


吾郎の命の火はあと少し、どうか苦しませないで欲しい。



台風直撃!でも負けない多肉さん達♡

一昨日の夜8時、母の家に到着。
雨は小降りで風もあまりない。

老犬吾郎は落ち着きなく、歩けない脚をばたばた。
1時間おきにオムツ点検、何度かパットやオムツ交換。

いつもの忙しい夜。

夜半から風と雨が強くなってきた。
朝、5時に吾郎の食事、投薬、目薬、排泄。
6時にバイバイ♡いい子でね!

母の家の前は小さな農業用水路。近くの川の支流になってます。

まだまだ水位は低く大丈夫・・・・・


と、思ってたら、1時間もしないうちにどんどん水位上昇、
駐車場水没、家の西側と南側の道路冠水。

非難指示まであっという間です。指示されても母は動けません。
寝たきりワンコ連れて行けるはずもなく・・・・・
新聞記事にでかでか出ていた排水ポンプはどうした!
全然働けてないじゃないですか!!



ということで床下浸水しました。何とか床上浸水は逃れましたが、
多くのお家が浸水しました。

隣町のホームセンターは、今日もお休みで
駐車場に浸水した品々が山積になってました。



いつやらわからないけど、近く予想される南海地震のための莫大な予算
地震対策も大事だけど、そればっかりに予算を割くのはどうでしょう?

毎年繰り返される水害はどうなんでしょう?
失われる命さえあるというのに。

海辺にそびえる非難タワー、塩害で何年持つのかなあ。
それをすべて建て替えて行くことまで考えられてるのかなあ。

ここ数年、大学の学科で防災関係が新設とか報道されてるけど、
派手な取り上げ方をされる地震関係だけでなく、
これからどんどん大型化する台風の対策や
自然災害について、地道に研究して欲しいです。

『予想外でした』という政治家さんの言い訳はもう聞きたくない!

・・・・・・・

まあ、一所懸命取り組んでる方々もいると信じましょう。

被害にあった家々では、あちこちから集まった皆さんで
協力して後片付けをしています。





さて、母の家の片付けに追われて、自分の庭はほったらかし。
倉庫非難してた多肉さん達を、
ベランダに移動するのが精一杯。

今日やっと庭の放置多肉を見回り。


適当に放り込んだセダム、100均プランターの中でモリモリDSCN2166


蒸れてダメになりかけた子達もモリモリ
DSCN2167


爪蓮華たちも、少し痛みましたがモリモリ
DSCN2168


皇帝ダリアや沈丁花、は根元元から倒れていましたが、
この子たちは元気いっぱいでした。

と、ここでまた雨です。
今日は早朝から雷と激しい雨、止み間が少しあるだけです。

他の子たちの報告はまた今度。
読んでくださってありがとうございます。




落ち込んだ日はお花に癒してもらいます・・・

こんにちは

台風が近づいています。
どこへ行くんでしょう?

天候が荒れると、いろいろ心配ごとはあるんですが、
今一番は、老犬吾郎のころです。

母の家はたびたび浸水するので、
悩んでしまいます。
昨日からまったく立てなくなってるごろちん・・・・・・

自分の努力ではどうしようもないこともありますね。


嫌なことがあると多肉を眺めて、ほっとしたいのですが
こんな荒れ模様のお天気では、それもかないません。

先日挿したお花を見ていやしてもらうことにします。


『オブジェ』
  

ホリゾンタルにちょっと変わったグリーンをアレンジ。
幾何学的なラインと曲線のラインを組みあわせています。

FSCN2162


トクサにワイヤーを通してジグザグに。
ガーベラにもワイヤーを差し込んで曲げています。
インソーションといいます。

FSCN2161

リューカデンドロ


DSCN2096


エリンジューム    アザミみたいなお花です。

RSCN2085


ベアグラスを輪にしたり、ドラセナを丸めて使います。

RSCN2156





『秋の風景』 


バラ・ガーベラ・スプレーマム・リンドウ・ソリダコ
アイビー・ハナナス・サンゴミズキを挿しました。

自作の木製椅子に飾ります。
FSCN2160


赤いハナナスや黄色のフォックスフェイスが可愛いです。

RSCN2158


狐さんが踊ってるみたいでしょう?
FSCN2157


やっぱりバラは綺麗・・・・・

FSCN2159



今頃の季節は、1週間もすればだめになってくるお花もあります。
毎日、綺麗だね可愛いね、と声をかけるようにしています。





小さな葉挿し苗で小さな寄せ植えを作りました♡

おはようございます

昨日は老犬吾郎の診察日でした。

姉と一緒に地元の動物病院へ。
9時の予約で一番乗り。
ここの獣医さんは同級生のだんな様です。
『優しいだけがとりえなの~』だそうです。
一番の自慢ですよね。ウラヤマシイ・・・

吾郎は、よたよた歩きなのであちこち擦り傷だらけ。
その傷の手当てや体温や心音を見ていただきました。

16才という高齢犬なので、
今より状態が良くなるかどうかはわかりません
カルテが分厚くなってた。今でも手書き先生。

抗生剤(副作用として食欲が出るのです!)や目薬、
関節に効くサプリメントを出してもらいました。
太ももの関節をリハビリするといいそう。
明日からやらなくちゃね。

できるだけのことをして、少しでも歩かせてやりたい。
頑張ってねゴロちゃん
やせてしまって17キロちょっとになってしまいました。
それでもお姫様抱っこの散歩は腰に・・・・・


さて、昨年の今頃から多肉熱に感染した私、
とにかくいろんな種類が欲しくて、安いものばかりですが
どんどん買い集め、
そしてこの春は、葉挿しを沢山作りました。
小さくてひょろ~としてるのも・・・・・・

この仔たちをどうするべ?

そういえばツナのリメ缶沢山作った!
さっそく寄せ植えしました



FSCN2124

DSCN2125

DSCN2135

DSCN2128

DSCN2130

DSCN2131

DSCN2134

まだ1週間ぐらいしかたっていないのもあり、
はやくお水をやりたくてたまりません。
ぐっとガマンです。
みんな根付いてくれたらいいな。
ちょっと不恰好だったりしますが、みんなうちで生まれた仔たち。
とっても可愛いのです

12月になったら引っ越さなくてはならないので、
少しずつ多肉整理にかかっています。
今からだと、チョンパした茎のほうからも
可愛い芽が出てきますよね?

でも、心を鬼にして、築山の隅にどんどんポイしていってます。
強さがあればそこで苗になるはずです。
シュウレイのようにね。

とにかく鉢を減らさないと
今は5段ラックに小さい鉢がぎっしり5つ分くらいはあるので、
どんどん減らしてます。
そのための寄せ植え・・・・・のはずが・・・・・

なかなか減りません。
ぽろぽろ落ちた葉を、えいっと捨てられないのです。
鉢皿にとりあえずためとくと、どんどん根が出てくるでしょう。
根が出て芽が出て可愛い・・・・土に挿してあげないと・・・
あ 新しい鉢ができちゃうよ

どうすればいいのでしょう
狭いマンションのベランダのつもりにならなければ、
と思うのですが、苦しいです(笑)

リメ缶も作ったし、とにかく寄せて寄せて
できるだけ鉢数を減らしていきますね。絶対ね

初心者リメ缶作り方その①・ブログ見てね♡

こんにちは。

やっと秋の足音が聞こえるようになりました。

今は母の老犬ワンコの介護で、あまり時間がありません。
寝たきりから、少し歩けるようになりました。
オムツはしてるし、まったくしゃべれないというか吠えません。
甘えん坊のクークーも言いません。
不思議です。
人で言うと脳梗塞で神経がやられてるかと・・・・・。
16才という年齢を考えると、これ以上の回復は厳しいかもしれません。

起き上がろうとしても、脚がゆがんでしまって、
自分の思う方向に動かせない、
それでも何度も何度もチャレンジして、ため息ついてます。

頑張ってます。



時間を見つけては、この夏はリメ缶作りをしてました。



初めてリメ缶を作る方の参考になるか、ならないかわからないけど、
私のリメ缶作りの方法を書いてみました。

自分で作ったリメ缶に、自分で増やした苗を植えつけたものです。
見栄えのよくない苗もありますが、自分で増やした仔たちなので、
とても可愛いです。(笑)

RSCN2119

ここら辺のお店は、つやなしのペンキが少なく、
いつも100均のアクリル絵の具を使います。
安くて色も豊富だし、ちょこっと使うには便利ですよね。

でも、そのままだとぶつかったときなど、ベロンといやなはげ方をします。
最後にニス塗りは欠かせません。

このペンキを見つけて使ってみました。下塗りとして使うといい感じでした。

DSCN1022



私のリメ缶作り(初心者の癖に恥ずかしいけど・・・)


①下敷について 
  下敷はダンボールがいい。
  新聞紙はくっついて、えらいことでした!
  100均のレジャーシートでもやってみたけど、ダンボールが一番いい!!
  使い捨てじゃありません。何度も使えるし、
  缶を乗せたまま運ぶこともできます。
  端のほうで色の調整や、筆をととのえたりためし塗りもできます。

②手袋について
  右利きの方は、使い捨ての介護用として売られてる手袋を右手に、
  左手には軍手をします。
  介護用のぴたっとした手袋をしたほうに缶を持つと、
  乾いてないと張り付いてしまい、
  せっかく塗ったところが剥がれてしまうことがあるからです。
  後で手を洗えばいい、という方はどうぞ素手で!

③やすりがけと底穴あけ
  缶にやすりをかけたほうが、密着度が高まります。

  この過程を省くと、キレイにぬれないし剥がれやすい。
  数多く作る時、電動サンダーを使ったらどうかと考えましたが、
  金属の粉が飛び散るのでやめたほうがいいようです。
  吸い込んだりあとの始末が大変です。
  紙やすりでもいいですが、
  100均でも売ってるスポンジ状のものが使いやすいです。
  金属製のやすりは短時間でできますが、深い傷がつくので
  塗料が多く必要になります。
  
  シーラー(下地)、ミチャクロンなどをつかえば、この過程を省略できます。
  自分はシーラーを使わないので、スポンジやすりをかけてます。
  最近の缶は、鮮やかなプリントがあったりするのでちょっと大変かも。
  全部はがさなくても、重ね塗りをすれば大丈夫です。
  このあと、塩水につけて2週間ほど放置すると、ホントにさびる。
  さびをはやく起こす薬品なども出てますね。
  
  底穴はこの段階であけます。
  ペイントした後だと、傷つくことがありますから。
  100均に金鎚も穴を開ける杭状のものも売ってます。釘でもいいですよ。
  塗料で埋まってしまうこともあるので、
  最後に錐でしっかり排水穴を開けておきましょう。
  最後にきりを差し込むと、大きさの調整もできます。
  自分の指を刺さないように!  


④缶について 
  コーヒー粉の缶やキャンディー、クッキーや紅茶の缶も利用。
  粉ミルクなんかもいいですね。
  大きな缶が欲しくて、わんこの蚊取り線香の缶も使ってみました。
  大量にほしいときは、イタリアンレストランなどで
  トマト缶をいただけるところを探す必要がありますね!
  バッグ型のみアルミ缶を使います。
  やはり質感はスチール(鉄)がいいです。
  
  100均でいろんなブリキ缶も売られてます。
  可愛いデザインのもの多く、貯金箱として売られてるものや、
  キッチンコーナーなどにも使えるものがありますよ。
  それらに少し手を加えると、自分だけのオリジナルのものができますね。
  空缶も販売されてます。どうしても蓋付を作りたい時に、使ってみました。
  
  家族やお友達に缶が欲しいことを伝えておくと、
  思わぬ形のものをいただけることも。頑張りましょう!
  (資源ごみをあさるのだけはやめましょう。
   今日は資源ごみの日、いいのが捨てられていて、欲しかった・・・笑っ)

④ 1回目のペイント 下地塗り
  何も考えず、刷毛で全体をペイント。乾燥。
  沢山作る時、デザインがはっきりしてなければ、
  アイボリーなんかを塗っておくといいです。

⑤ 2回目の塗装
  ハムスター用の砂に塗料を混ぜて塗ると、細かいザラ缶になります。
  このときは刷毛が塗りやすいです。
  あまりぐずぐずせず、結構大きな刷毛で一気に塗るほうが綺麗です。
  アクリル絵の具を使う場合、もさもさしてくるので水を少しだけ加えます。
  いらない陶器を使うと、洗えば何度も使えるし便利です。
  100均のコーヒーカップを、リメ缶塗料用に購入してもいいですね。
  

  川砂を混ぜると、不均一なでこぼこしたザラ缶になります。
  これはこれで味があります。この場合はスポンジのほうが塗りやすいです。
  少しずつ、砂と塗料をぽんぽんしていく感じ。
  
  砂の代わりに石灰を混ぜる人もいるそうです。まだやったことがありません。
  
  乾燥。
  もう一度塗ります。乾燥。

⑥ 錆感を出す
  アンバー・茶色・白・黒・など適当に混ぜながら、
  缶の上下や、好きなだけ汚す。やりすぎても大丈夫!
  スポンジだと角が模様になってしまうので、
  タオルを小さく切って綿をくるんで丸めて使ってもいい感じ。
  テルテル坊主のようなものです。
  上部を塗って乾燥、下部を塗って乾燥。

  どうしても一気にやりたい時はこんな方法もあります。
  ビンを持って上下塗ることができます。
  そのまま立てて乾燥できます。
 
 IMG_1659

 
 
⑦ ラベルはりや、ステンシルなどを行う
  セリアのシールや折り紙、包装紙、
  インターネットでも無料配布などいろいろありますね。
  周りをちぎって、シールのふちをお線香で焦がすと、アンティークっぽい。
  英字新聞などもおしゃれです。
私は市の図書館でもらいました。
  
コーヒーにつけて乾かすといい色合いです。
  
  外国語の絵本などをコピーして使用してもいいなあ、
  と考えてますが、まだやってません。
  ラベルを作りすぎました。(笑)   
  ラベルは水溶きボンドを使用して貼り付けます。
  破らないように注意しながら、上から押さえて密着させます。


⑧ 再度、塗料でぽんぽんして、汚しの調整などを行う。
  上下もところどころ、ぽんぽんしてなじませる。
  シールの上からも薄くぽんぽんしてなじませるといい感じ。
  銀色を少し使うとアンティークっぽい感じが出せます。
  このときダンボールのあいてるところで、ぽんぽんしてみてから、本番!
  ダンボール活躍!
  貝殻を張ったりしても可愛です。(貝殻によっては気持ち悪くなった・・・)
  乾燥。

 つやなしのニスを塗装
  刷毛で一気に塗ります。乾燥。
  再度ニス塗りすると、表面が強くなります!!
  少しくらい爪を立てても剥がれません。


  出来上がり!
  指に木工ボンドを少しつけて、
  麻紐をくるくるによって、リボンに結んでも可愛い。
  乾くと固定されます。



  100均の缶を鉄さびで塗ったもの
 IMG_1381

 川砂を利用し、貝殻を張ったものなど
DSCN1021

半つや塗料を塗ったもの
IMG_1668

ハムスターの砂を利用、セリアの折り紙をラベルにしたもの
DSCN1959



RSCN1986

ツナ缶を使って。ハムスターの砂とおりがみのラベル
DSCN2041

スプレー塗料吹きつけ後、アクリル絵の具で仕上げたもの
DSCN2036

ぼこぼこした質感を作りたくて、ハムスターの砂を何度も塗り重ねたもの
DSCN2069



自分なりに試行錯誤している途中です。
なかなか思うようにできなくて。
リメ缶作るって言うと、興味ない人は笑うけど奥が深いですよね~
あくまでも初心者のメモと思ってくださいね。オハズカシイです。
自分が忘れそうだから。。。。。

何度も塗り重ねると、陶器っぽくなって素敵と思うこともありますが、
使用した絵の具代を考えると、ありゃっ!てことも。
簡単で経済的な方法で楽しい・・・・・を模索中です。
読んでくださってありがとうございます。

メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • エボニーの小株とオパリナ・玄関リース
  • エボニーの小株とオパリナ・玄関リース
  • エボニーの小株とオパリナ・玄関リース
  • エボニーの小株とオパリナ・玄関リース
  • エボニーの小株とオパリナ・玄関リース
  • エボニーの小株とオパリナ・玄関リース
  • エボニーの小株とオパリナ・玄関リース
  • エボニーの小株とオパリナ・玄関リース
  • エボニーの小株とオパリナ・玄関リース
記事検索
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ